マンション管理業務に関して

マンション管理業務の詳細を説明します

マンション管理業務の主な種類と管理のポイント

事務処理および管理員に関する業務

マンション管理会社とは、管理組合より委任を受けて管理に関する業務を行う会社といえます。管理会社の業務のクオリティによって、マンションの住みやすさにダイレクトに影響します。マンション管理会社の業務として、まず事務管理に関する業務があります。 これは、管理費もしくは修繕積立金といった収納、出納などの会計に関する業務の他、決算書や予算案作成さらに長期修繕計画の構築などがあります。 それに加えて、未納者を対象にした督促に関する業務の一部も含まれます。さらに、管理員業務もあります。これは、マンション現場で管理員が実行する日常的な業務ということを意味します。管理員については管理会社の正規雇用社員であるケースや、協力会社から派遣させるケースもあります。業務に関しては多様なものとなっており、住居者対応のほか、点検の立ち会いや巡回点検などがあります。

共用部分の清掃のための必要な作業は、施設や設備並びに費用とのバランス状態に応じて作業の中身も変わります。日常清掃と言われている、拭きや掃きといったベーシックな清掃だけに限らず、ポリッシャーをつかった清掃が実行されるのが通例です。日常清掃に関しては管理員が実行することもあり得ます。さらに、建物や設備管理に関する業務では、共用部分の設備等の保守点検を実施します。エレベーターや電気設備そして、消防設備などの保守点検を実行しますが、資格者に因る点検が取り決められている法令点検は、管理会社より再委託を受けている業者が実践するのが普通です。

マンション管理業務を行う上での重要ポイント

マンション管理会社については、管理組合と取り交わした管理委託契約書を基準にして業務を実行します。専門的な知識を持ち合わせていない管理組合との契約の取り交わしですので、組合が不利益を被ることがないように、管理会社に関する業務は、マンション管理の適正化の推進に関する法律により色々な制限が設定されています。マンション管理に関しては、元を正せば管理組合もしくは理事会がメインとなって実行するべきものです。しかしながら、マンション管理に関わる業務の範囲は多面的で、その中には国の法律の専門的な知識や設備などの本格的な知識が必要なものが多いと言えます。たしかにマンションの役員などが、管理にかかりきりになるということは、実際のところは困難ですが、管理主体は最終的には管理組合です。全部委託方式でも、一切合切を管理会社だよりにしないで、管理会社とは相互信頼を築き上げた上で共同で管理に関する業務をおこなうことが大切になります。

人気記事ランキング